2017年11月22日

『 手染めの手帳 』

新品の状態が一番美しいものよりも、年を重ねるにつれて美しさが増すものに惹かれる。

ジーンズ、レザージャケット、革靴、黒塗りのライカ(持っていないけど…)などなど

さて、仕事でとても出番が多いのが万年筆と手帳。
50年代のモンブランと、バーガンディーの革手帳を使用している。
ある日、オールドモンブランからのインク漏れで、手帳の一部がインクに染まってしまった。

同様のケースで思い出されるのが、愛用のREDMOONのウォレットに赤ん坊だった息子がミルクをこぼしてしまい、急いで染み抜きをしたものの、残念ながらシミが残ってしまった。しかし今でもそのウォレットは現役。当時のシミも残っているが、ある種の『 味 』と捉えている。新品の時より、美しさを感じる。

ところがインクじみのあるバーガンディの手帳には不思議とそのような感覚は生まれない。
そのときに気づいた。この手帳は新品の時の方が美しかった…と。

「ならば経年劣化を愉しめる手帳を買おうではないか」
そんな折、REDMOONで手帳カバーがある事を知る。
中でも琴線に触れたのがYou Tubeの動画で、REDMOON代表の後藤恵一郎氏が絶賛しているのがRM-ST-Limited
動画を見た瞬間、久々に心躍った。

早速購入し実物を手にする。
兎に角、美しい。
しかしこの手帳が美しさを増すのは、きっとこれからではないだろうか。
どんな経年変化が見られるのか楽しみでもある。

職人さんの手染めで「マホガニー」という色らしい。
あのYou Tube動画で後藤恵一郎氏と共に映る職人さんのギャランティーカードが入っていた。

DSCF1319.jpg
FUJIFILM X-T2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

裏面にはREDMOOONの焼き印。
表面のPAILOTRIVERとのダブルネーム

DSCF1322.jpg
FUJIFILM X-T2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

posted by youkou_pa at 15:49| Comment(0) | いろいろなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

『 Dタイプ 』

X-T2の購入で、ほぼ出番が無くなってしまったNikon Df
飽きっぽい自分にしては、もう4年も使っている。

何度も売却を考えたが、ネーム刻印をするほど気に入ってたDf、売ってしまうのは抵抗があった。
そんな折、コンデジを使っている息子がDfを欲しいと言う。
このブログを始めた頃、3歳だった息子ももうすぐ中学生。
そこで息子の中学入学祝いにDfを譲ることとなった。

さて、息子に譲るために標準ズームレンズを探すことにした。
候補はAF-S NIKKOR 24-120 / 4G ED VR と AF-S NIKKOR 24-85 / 3.5-4.5G ED VR
前者は一時期所有していた事があるが、周辺光量落ちと歪みに嫌気がさし、買ってすぐに28-300に買い替えてしまった経緯がある。それに一眼初心者の息子が使うにはちょっとだけ大きすぎる。

そうなるとAF-S NIKKOR 24-85 / 3.5-4.5G ED VRの一択となるのだが、もう一本気になっていたレンズがあった。

AF NIKKOR 24-85 / 2.8-4Dである。
古い設計ではあるが、なかなか評判が良い。
一番のポイントは寄れる事。
簡易的ではあるが、ハーフマクロとして使えるのは有り難い。
息子が大事に飼育しているオオクワガタを撮影するにはもってこいじゃないか。

VR非搭載だが、手ぶれを繰り返す事で、シャッタースピードと絞りの関係性、そしてカメラの構え方など学べる事もたくさんある。

ということでAF NIKKOR 24-85 / 2.8-4Dを探し始めた。

ところがなかなか綺麗な個体には出会えない。
現行品ではあるが、もはや出荷数が少ないのだろう。
フジヤカメラさんやマップカメラさんでも新品在庫は無く、取り寄せとなっている。
もちろん7万円以上出して新品を買う選択肢は無く、中古で美品を探すつもりだ。

ある日、フジヤカメラさんで綺麗な個体を2本見つけた。
1本はABで外観も綺麗、もう1本はABマイナスで結構使い込まれた印象。

そんなときふと気づいた。
「コーティングが違う!」
ABの綺麗な個体はシリアルが「2」から始まり、後者の使い込まれた個体はシリアルが「5」から始まる。
2本は明らかにコーティングの色が異なる。
ナノクリになる以前のレンズは、途中からスーパーインテグレッドコーティングが施され、デジタルに対応したと聞いた記憶がある。そうなると俄然シリアル「5」を探したくなる。

それから数日後、フジヤカメラさんのホームページでAランクの在庫を見つける。
電話で問い合わせると「5」始まりのシリアル。
早速取り置いてもらい、お店に出向く。

出会ったレンズは、外観はまるで新品、防塵でないためレンズには細かな埃が見られる。
しかし、一眼初心者の息子へのプレゼントとしては全く問題ない。
めでたく購入となった。

R0042308.jpg
RICOH GR

往年のカメラファンには懐かしい絞り環も付いている。
Aiレンズのような滑らかなクリックではないので、Dfのダイヤルで設定するほうが一般的だと思うが。

R0042309.jpg
RICOH GR

シリアル「5」は明らかにコーティングの色が異なる。
やっとみつけたシリアル5

R0042311.jpg
RICOH GR

なんと…嬉しなつかしMADE IN JAPAN
このレンズ、日本製なんだ!知らなかった…。
ThailandでもChinaでも構わないのだが、やはりMADE IN JAPANは往年のニコンファンからすると何となく嬉しい。

R0042310.jpg
RICOH GR

息子へのプレゼントは整った。
そして父はD850に揺れつつある。

posted by youkou_pa at 11:50| Comment(0) | ニコンのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

『 修理完了Rollei オートマット 』

暗室作業が終わり、プリントを見てもらった際、
師匠から「いいレンズだなぁ」と褒めて頂いた古いローライ。

我が家にやって来たのはなんと昭和30年代。
亡き父が独身の頃にカメラ屋の店主に勧められ購入したカメラだ。
「ドイツのテッサーという、とても良いレンズですよ。」と言われ買ってしまったと、生前、父が話していた。

ところが、ここ5年ほどは出番がめっきり少なくなっていた。
チャージしておくと、シャッターが切れなくなってしまう。
ガチャガチャ弄っていると、突然シャッターは切れるのだが、当然1枚無駄になってしまう。
そんなストレスから撮影機会は、中古で購入しOHを済ませた2.8Eに譲っていた。

まぁしかしながら、私よりも我が家に長く居続ける大先輩をこのまま放置状態というのも忍びない。
そこで7月に関東カメラさんにOHを依頼した。
1998年に関東カメラさんの前身である関東カメラサービスさんにてOH。
2015年に関東カメラサービスさんでマミヤのスクリーンに載せ換え改造。
と長年、関東カメラさんが大先輩の主治医である。
1980年代にも(大きくなる前の)関東カメラサービスの先代(初代?)の社長さんに、シャッター調整とルーペの抑え羽根をワンオフ作成してもらった過去がある。

昨日、修理完了の連絡を頂き、久々の対面を果たした。

R0042240.jpg
RICOH GR

今回はOHに加え、張り革を交換した。
1998年に茶色のトカゲ革を貼ってもらっていたが、なんだか少し飽きてしまった。
オールドルックなローライに、豪華なトカゲ…大名茶のような違和感を感じるようになり、
オリジナルに戻す事とした。

とは言っても、当時のローライの牛革は経年劣化でぼろぼろになってしまう。
そこでたくさんあるサンプルから人工皮革を選んだ。
関東カメラさんの張り革サンプルはとにかく豊富だ。
意外にもシボの大きさや、シボの深さの違いで、手に取った感触がずいぶん異なる。
今回選んだ人工皮革NO25は、シボが深く、まるでカメラが手に吸い付くような感覚だ。
2.8Fや3.5Fの最後期型の人工皮革の感触が、どうしても好きになれない自分は、
所有するホワイトフェイス3.5Fもこの人工皮革に張り替えようとすら思ったが、
残念ながらこのNO25、最後の1枚だった…。

R0042241.jpg
RICOH GR

涼しさが戻ってきたらT-MAXを詰めて、どこか旅に出てみたい
posted by youkou_pa at 10:43| Comment(10) | ローライのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

『 マスミのカメラバッグ 』

先日、記事にしたマスミのバッグ
http://youkoupa1125.seesaa.net/article/449669551.html

マスミは1970年代から80年代にかけて憧れていた高級カメラバッグメーカー
グローブバッグの革はお世辞抜きで素晴らしい!
今、同じクオリティーのバッグを作るならば10万は下らないだろう…

今朝は家族がお出かけ、ひとりでする事もないのでフジヤカメラで時間潰し。
本館は外国人バイヤーが開店と同時になだれ込む。
店員さんもひとりひとりのお名前を記憶しているようで、めぼしい物はどんどん取り置かれていく。
デジタル機ではなくMFのニコン機などを取り置く姿は興味深い。
日本人の若者達もスマートフォン片手に何やら物色。転売の仕入れだろうか…
開店30分後の10時半には、珍しい商品はほとんど無くなってしまう。

期待薄の本館よりも、ジャンク館と用品館がおもしろい!
おもちゃ箱のようにマニアックな物があふれている。
転売屋には価値を見いだせないものばかりだろう。

そんなジャンク館ではペンタックスのクリップシューIIが300円、しかも元箱、取説付き。2つ購入。

用品館に移動するとレジ横に置かれたバッグには手書きの札。
3980円。
「あっ、マスミだぁ。珍しいですね。」と店員さんに声を掛けると、
年配の店員さんは「お客さん、よく御存知で。とてもいい品なんですよ。革職人さんが居なくなってしまって生産出来なくなったようですが、当時は高級品でしたね。なかでもグローブバッグは絶品でした。」と。

「じつはグローブバッグもひとつ持っているんです。」と返すと、「それは手放さないほうがいい!すごくいい革なので。」、こんな会話の流れでもちろん持って買える事になったマスミのバッグ。我が家ではなんと5個目!

ボックスタイプのバッグは初めて目にするタイプだが、とてもいい革が使われている。

R0042109.jpg
RICOH GR

貴重な鍵もしっかり残っていた

R0042110.jpg
RICOH GR

R0042111.jpg
RICOH GR

モータードライブ付きのF-1が似合いそうな80年代のテイスト

R0042112.jpg
RICOH GR

革のキズや内部の汚れは、時間をかけてゆっくりと手入れをしよう。

このバッグの詳細を調べてみても、情報がほとんどない…
御存知の方がいらっしゃればお教え頂きたい m(. .)m

posted by youkou_pa at 14:28| Comment(0) | いろいろなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

『 蛇木 』

ファーバーカステルのリミテッドエディション

R0041977.jpg
RICOH GR

軸はブラジル原産のスネークウッド
ファーバーカステル社創設の1761年にちなみ1761本の限定

R0041975.jpg
RICOH GR

蛇革のような木目のスネークウッドは、材質が堅く加工が難しく、産出量も少ないため「幻の木」と言われているらしい。

R0041976.jpg
RICOH GR

木軸は経年変化も美しい
どんな風に育つか楽しみだ


posted by youkou_pa at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ローライ オートマットMXの修理依頼

関東カメラさんにローライ オートマットMXの修理を依頼してきた。

1/10が速い速度で切れてしまう。
ほとんど使う事の無いシャッター速度なので、このままでも良かったのだが、問題はもう一つ。

フィルムを巻き上げておくと、シャッターも切れない、巻き上げも出来ないという所謂フリーズ状態になってしまう。ガチャガチャ弄っていると何かの拍子でシャッターが切れるのだが、これは困る。

常にチャージしない状態で持ち歩いていて、撮りたいものがあると巻き上げてシャッターを切る。
ちょっと不自由なので、思い切って修理してもらう事に。

R0041974.jpg
RICOH GR

古い機種なので、直るのかが心配だが、受付時の話では問題なく直ると言う。
ここで一つの問題が浮上。

トカゲの革が貼られているオートマットMXだが、前面の革を剥がすため、もしかすると切れてしまう恐れもあるという。

調べてもらうと前回のオーバーホール時、1998年に関東カメラサービスで張り替えてもらった革だ。
19年前…。
そこで今回、人工レザーに張り替えてもらう事にした。

人工レザーの見本を何種類も見せてもらう。
艶の有無、シボの深さ、ひとつひとつ手触りが異なる。
そのなかで最も気に入ったNo25。
つやが抑えられており、比較的シボが深い。

納期は約2ヶ月…夏が終わる頃には手元に届くと思う。
posted by youkou_pa at 14:51| Comment(6) | TrackBack(0) | ローライのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

原点回帰

車検の時期が来た。

以前は年間2万キロペースで乗っていた愛車だが、今は動態保存の状態。
ほとんど車の要らない生活なのだが、息子が将来、この車を乗りたいと言う。
息子が免許を取れる年まで、あと6年、できるだけ良い状態で渡してあげたい。

そこで今回の車検でアルミホイールをノーマルに戻す事にした。

BBSのアルミホイールに変えたのはいつだったか?
写真のデータをみると使用したカメラがEOS20Dだったので…何年前だろう??

IMG_0918.JPG
Canon EOS 20D EF17-40/4L

ノーマルの状態に戻すとなんだか新鮮。

R0041961.jpg
RICOH GR

ボディはあちこち小キズだらけ、息子に渡すときにはオールペンを施して綺麗に蘇らせたいと思っている。
ボディーカラーはチャンピオンブルー。
GTRのルマン参戦を記念して2ヶ月間だけ受注生産した限定モデル。
日産が生産台数を公表したようだが、国内台数98台。
うちV-SPECは14台だという。
1/14な訳か。

LM-Limited専用ステッカーもだいぶ薄れてきてしまっているが、しっかりと新品パーツをストックしてある。
6年後、新車のごとく蘇らせるために。
posted by youkou_pa at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

『 散々、悩んではみたものの 』

わずか半年でα7IIを手放してしまった。

ズミルックスやズマロンをフルサイズで使える楽しさは分かった。
αへの不満も無く、金銭的に許されるなら両方所有したかった。

それでも物欲に負けて、初めてのFUJIFILM機「X-T2」を購入した。
カタログは擦り切れるくらい読んだ。
ムック本も熟読した。
その結果の購入だった。

R0041949.jpg
RICOH GR

最新の機種に流される自分の意志の弱さには、我ながら飽きれる。
思い返してみれば、初めてのデジタル一眼オリンパスE-1を買ったのが2004年。

オリンパス E-1
ニコン D2H
キヤノン EOS 20D
ニコン D2X
ニコン D200
キヤノン EOS 5D
オリンパス E-3
ニコン D700
ニコン D3s
キヤノン EOS 5D Mark II
ニコン D800
キヤノン EOS 6D
キヤノン EOS 1D Mark IV
キヤノン EOS 1Ds Mark III
ニコン Df
オリンパス E-M5 Mark II
オリンパス E-M1
ソニー α7II

と13年で19機種。
今でも継続使用しているのはニコン Dfのみ。
さすがに自分でも飽きれる…

X-T2こそ、長く使おう!
posted by youkou_pa at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | X-T2のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

『 暗室帰りにGN Nikkorを捕獲 』

今日は朝から暗室。
5〜6月に撮り貯めていたネガのコンタクトシート作りとプリント少々。

六切りにプリントした写真は必ず師匠に見てもらう事にしている。
「おっ、これいいね。」と言ってもらえたのは、ズミルックスで撮ってフォコマートで焼いた息子のポートレートだった。

帰りは江古田からバスで中野に出る。
フジヤカメラによって買い物。

ハッセルの使用感大のストラップ、2000円也。
金具だけ外してAcruさんで専用ストラップを作ってもらう目論見。

それからGN Nikkor。
以前、所有していたが手放してしまって、今は手元に無い。

弱点であるピントリングもかなり滑らか、しかも9枚羽根。
さらにはAi改造済み、おまけにFマーク入りのフード付き。
ということで、捕獲。
32400円也、とりあえずDfにでも付けてみるか…。

R0041942.jpg
RICOH GR
posted by youkou_pa at 20:37| Comment(6) | TrackBack(0) | ニコンのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

『 表情 』

ターコイズの表情…もしそんな擬人的表現があるならば、年を重ね、良い表情になってきたのではないだろうか。

DSC00804.jpg
SONY α7II Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

お気に入りのマルコビゲイのリングにセットされたローンマウンテン。
普段は鈍く錆色に見えるマトリックスも、太陽光を当てると金色に輝く。
そんな表情の違いがこの石にはある…気がする。

購入店のオーナーが所有していた石をマルコに手渡してオーダーしたリングだそうだ。
かつてローンマウンテンの山のオーナーだったミンネス・ウインフィールド氏から譲り受けたルースだそうで、60年代〜70年代のオールドローンマウンテンだという。

この深い碧は今後どのように表情を変えていくのだろうか…