2017年05月20日

大苦戦 初めての飛行機写真

羽田空港で行われた飛行機写真教室に参加

講師は建築写真を専門に撮影しているKEN五島さん
NIKONの最新機材も貸し出されるということで興味津々

KEN五島さんからは「ISO50、1/80で流し撮りで」とアドバイスを頂いた。
しかし…鉄道ではどってことない流し撮りも、飛行機では全く勝手が違う…。

スピードが圧倒的に速い…
斜めにレンズを振らなくてはならない…

ぶれぶれの写真を量産しながらも、練習を続けたが1/80は厳しくシャッター速度をやや上げた。
また狭い画角の中に機体を入れるのも極めて難しい。

それでも500ミリを手持ちで振り続けた。
結局お手上げ
思っていた以上に難しかった。

まずはD5と500ミリで撮った離陸

DSC_0961.jpg
Nikon D5 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

結局、心が折れて止まっている機体を撮影

DSC_0486.jpg
Nikon D500 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR


posted by ようDa at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ニコンのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

『 Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D で初めての昆虫撮影 』

先週、購入したばかりのAi AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

早速、息子が育てているオオクワガタを撮影してみた。

まずはセッティング。
ニコンのスピードライトやマクロライトを所有していないため、自然光での撮影。
北側の窓を探し、光の落ちるポイントに飼育ケースを置く。

オオクワガタを取り出す前に露出のチェック。
被写界深度を稼ぎたいため、絞りはとりあえず16に。
止むなくISO感度を1600まで上げる。
シャッター速度は1/30、昆虫撮影はまったく初めてのため試行錯誤。

DSC_4600.JPG
Nikon Df Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

ポイイントを決めたら、飼育ケースからオオクワガタを取り出す。
夜行性のため、昼間は潜っている事が多いのだが、撮影のため…申し訳ないが出てきて貰う。

オオクワガタはヒラタクワガタなどと異なり、非常に穏やかなので扱い易いと感じる。
動きは穏やかだが、ピントが外れてしまう。ピントを合わせていると画面から出てしまう。

う〜ん、難しい。

しかも左手にはレフ板、右手でピント、ズーム、シャッターと要領も悪い。
何度か三脚自体を動かすが、最後はズーミングをしながら、なんとか画面に収める事が出来た。

DSC_4606.jpg
Nikon Df Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

f16でもピントは一部にしか来ない。
最後はフォーカスポイントを移動させながら、目にピントを合わせる。
しかし今度は足が切れている…。

ズームリングで引きながらシャッターを切るが、今度はあごにピントが合ってしまった。
人間以上に目にピントを合わせる事が難しい…。

DSC_4607.jpg
Nikon Df Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D


近いうちにもう一度チャレンジしてみよう!

posted by ようDa at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコンのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 マクロレンズ 』

オリンパスのシステムを手放して、最も苦労しているのがマクロ撮影。

マイクロフォーサーズのシステム、特にPROレンズの12-40はとにかく寄れたので、それまでマクロ撮影のメインレンズだったMicro Nikkor 60mmを手放してしまったほどだった。

自分の場合、ブツ撮りとは言っても、ブログ用の写真だったり、オークション用の写真程度だったのだが、あらたに『昆虫撮影』に挑戦してみようと考えている。

昨年、息子がオオクワガタを飼育し始めた。
ペアリングに成功し、13匹の幼虫はいずれも蛹化し始めている。
息子が苦労して育てたオオクワガタ達を撮影しようと考えたのだ。

そこでマクロレンズ。

現在メインで使っているα7、見渡すとふさわしいレンズは見当たらない。
FE 90mm F2.8 Macro G OSS…写りは抜群に良さそうだが、出番の少なさの割には高すぎる気がする。

そこで最近出番の少ないNikon Df、そうなると60mmか、105mmか。
どちらも長期間使用していた事があるので、使い勝手は分かっている。
反面、ワクワク感がないのも確かだ(この辺りが趣味で撮影を愉しむ人間には、案外大切だったりする。)

そんなとき白羽の矢が立ったのがこのレンズ。

今更なのだが…

R0041841.jpg
RICOH GR

Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

1997年に発売され、2005年には製造中止という生産期間の短いレンズだった。
一度は使ってみたいと思っていたが、当時の定価は168000円。
正直、マクロレンズにその金額は掛けられなかった。

そんな折、フード付きの比較的綺麗な個体を10万円以下で見つけた。
使い勝手が良いのか、悪いのか…その辺りはこれからゆっくり試していきたいが、10年以上も前のレンズにちょっとしたワクワク感を感じている。
posted by ようDa at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ニコンのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

『 マスミ 』のグローブバッグ

『マスミ』と言う名前を聞いて、カメラバッグメーカーを思い浮かべるのは40代以上の人かも知れない。
70年代〜80年代、このメーカーのハードケースに憧れていたものの、学生だった自分が容易に手の出せる品ではなかった。実際にマスミ商会のハードケースを手に入れたのは、それからずっと後のことだった。

さてGWの最終日、中野のフジヤカメラさんで入手したのが、このマスミのグローブバッグ。
実は昨日、フジヤカメラさんで見かけたものの頑張って買わずに帰ってきたのだが…忘れられず、今朝一番で買いに走ってしまった。

このグローブバッグはSサイズとのことで、あまりネットでも情報が出てこない。
ワイドローライを入れて散歩するのに丁度良いと目論んでいる。
名前通りグローブの革を使用しており、野球のグローブと同じ少年時代の懐かしい匂いがする。

R0041811.jpg
RICOH GR

昨日、自分に言い聞かせて買わずに帰宅したのには理由があり、
1.底部にカビがある事。

R0041815.jpg
RICOH GR

2.角部に擦れキズがあり、糸が擦り切れている(使用に影響あるとは思えないが)

R0041814.jpg
RICOH GR

今朝、開店と同時にフジヤカメラさんに向かったが、昨日と同じ棚に目的のバッグは無かった…。
「売れてしまったかぁ。」と悔いていると、棚の裏側の上段に無造作に積まれていた。
きっと何人もの人が、手に取っては戻しを繰り返したのだろう。

改めて手に取ると「なるほど、作りがいい!」
革もしなやかで柔らかい。
カビは気になるが、手入れには自信がある。

ということで帰宅後、ステインリムーバーで丁寧にカビを除去、油分を取り去る。
ペネトレイトブラシでリッチデリケートクリームを薄く塗りこむ。
よほど乾燥していたのか、一気に染み込んでいく。
さらにナチュラーレを塗りこみ、豚毛の平野ブラシで磨き上げる。

カビは除去され、本来の艶が戻った。

R0041830.jpg
RICOH GR

R0041831.jpg
RICOH GR

こうして復活したマスミのグローブバッグ。
サイズの合うインナーボックスでも探してみたいと思う。

R0041827.jpg
RICOH GR

R0041828.jpg
RICOH GR


値段は5400円。
古き良き時代を懐かしむには、手頃な値段だと思う。


posted by ようDa at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。