2015年12月06日

『 SWCを645仕様に 』

スクエアフォーマットが好きだ。
ローライやハッセルSWCを持ち出して、
旅に出るのが自分の中では至福の時間だ。

先日、マップカメラの店員さんとSWCについて話をした。
彼もまたSWC使いだという。
なんでもA16マガジンを使用し、645として使っているという。

「へぇ〜。」とその話に聞き入ってしまった。
そういえばコシナのアングルファインダーにも上下に線が入っていた…あれは645フォーマット用だったのか!

「やはりコシナのアングルファインダーをお使いですか?」
と尋ねると、彼は純正のファインダーにマスクを被せて使っているという。

なるほど、ファインダー用のマスクかぁ。
しかしこれがなかなか見つからないらしい。
彼もまたオークションでやっとの思いで見つけたのだと言う。

先月、フジヤカメラでA16マガジンのブラックを8000円で見つけた。
都内でも12000円以上はするので、絶対的に安い。

「試しに一度、SWCを645仕様にしてみよう!」
そう思いながら二週間がたった。

そして今日、銀座三越の開店を待つ時間で立ち寄ったスキヤカメラで見つけてしまった。
ショーケースの下の方で無造作に置かれている小さなアクセサリーを。

値札が直張りされていて、その価格10000円。
高いんだか安いんだか分からないが、
まぁ滅多に出逢える事も無いので、この際値段はどうでも良かった。


PC060013.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO

このような部品なのだが…

PC060014.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO

これが結構、カッチリとはまる。

遊ぶには十分面白そう。
年末は645仕様のSWCで、去り行く2015年を切り取りたいと思う。


posted by ようDa at 14:41| Comment(3) | TrackBack(0) | HASSELBLAD SWC のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ローライ大好き です。

ハッセル素人の私です。
こういうアクセサリーがあるのですねー。

そもそも、645が撮れることも知りませんでした。カートリッジ式の強みですね。
フジカGS645Wは、お気に入りで結構使います。

500M/Cの黒に少し興味があります。
いつか、ハッセル使いになりたいです(笑。
Posted by ローライ大好き at 2015年12月06日 23:03
ローライ大好き です。

500C/Mでしたね。
間違いました。
Posted by ローライ大好き at 2015年12月07日 12:34
ローライ大好きさん、こんばんは。

ハッセルは結構奥が深く面白いです。
僕はSWCしか使用経験がありませんが、このSWC、最高に面白いです。カラーでの発色は鮮やかでコントラストも適度に高く、かといってモノクロでもシャドーがつぶれる事がありません。

他のシリーズは使った事がありませんが、是非、SWCとワイドローライを撮り比べてみて下さい。

それにしても程度の良いワイドローライが欲しい今日この頃です。
Posted by ようこうパパ at 2015年12月07日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。