2018年03月17日

CineStill 50D

このブログを開設した時に3歳だった息子が、昨日、小学校を卒業した。
卒業式に出席できなかったお詫びに、明日から息子を出雲大社に連れて行くことにした。
中学校生活、良い友人との縁結びを願って。

今回は気になっていたフィルムを試してみようと考えている。
そのフィルムとはCineStill 50D

DSCF1580.jpg
FUJIFILM X-T2 XF18-135mm 1:3.5-5.6 R LM OIS WR

その値段、なんと1800円。
さすがにブロニーサイズ12枚に1800円をかける勇気は無く、
そこで、久しぶりに35ミリフィルムを使うことにした。

3年前に師匠の下で、写真を学び始めてから、カメラの露出計を使うことは全く無くなった。
もちろん外すことも少なくないが、それでも光を読むことはとても愉しい。
感度は常に400が基準。
だから他の感度のフィルムでは、いちいち換算することが強いられる。
しかもISO50ならば、3段落ち。
1/60 f5.6 は 1/60 f2となる計算だ。

35mmのメインレンズであるズミルックスは、現在メンテナンスに出していて手元に無い。
そこで久しぶりのNew F-1

DSCF1583.jpg
FUJIFILM X-T2 XF18-135mm 1:3.5-5.6 R LM OIS WR

CineStil 50D 一体どんな写りをするのだろう。


posted by ようDa at 14:44| Comment(2) | いろいろなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
NF−1いいですね。
発売とほぼ同時に、亡き祖母に買ってもらった中学生の時を思い出します・・・
さて、こんなフィルムがあるんでね。
当時はPKRが1000幾らだったような記憶があります。田舎ですので、当然定価です・・・
とても買えないのですが・・・実は期限切れのフィルムをタダでもらって使っていました。
KRやKMも・・・中学生の私に期限切れとは言え、タダで与えてくれて・・・
こんなガキを相手にしてくださった店主に感謝です。
一生、その写真屋を利用するつもりです。
おっと、話が脱線しましたが、このフィルム一体どんな写りをするのですかね?
Posted by 名無しテツ at 2018年03月23日 20:10
名無しテツさん、こんばんは。

リバーサルフィルム、当時はプロが使うフィルムという印象で、確かに高かったですね。僕もコダクロームを随分使いましたが、ベルビアの登場で全てがベルビアに取って代わりました。

ところがリバーサルのコントラストに馴染めず、結局今はモノクロ一本やり。極たまにカラーを使う際もネガカラーです。

このCinestill50D、実は悪天候だったこともあり、まだ使っておりません。なんと無くデジタルのエフェクトのような遊びの感覚で楽しもうと思っています。
Posted by ようこうパパ at 2018年03月23日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。